サカタのタネ「タネ・苗・園芸用品・農業資材の総合案内」
ピンクリボン運動は、乳がんの早期発見・早期治療の大切さを伝える啓発活動で、1980年代アメリカにおいて、乳がんで亡くなられた患者のご家族が「このような悲劇が繰り返されないように」との願いを込めてつくったリボンからスタートしたもので、現在、その運動は世界中に広まっています。

国立がん研究センターがん対策情報センターによると、乳がんは、近年の日本女性がかかるがんの中で第1位ですが、診断されてからの生存率(5年相対生存率)は、すべてのがんのなかでも高い80%以上で、早期発見・早期治療により治癒する可能性が高い病気です。

乳がんの罹患(りかん)者は20代から徐々に増え始め、40代後半~50代にピークとなります。この年代は、女性が結婚、育児を経てガーデニングをされる年齢層と一致します。

当社は、植物に親しむ女性に対してピンクリボン運動を積極的に推進していきます。

当社は、NPO法人J.POSHを通じて、ピンクリボン運動対象商品の売上金の一部を日本乳がんピンクリボン運動に寄付します。

2011年から、ポットカーネーション「プリティ いちご」、ミニトマト「キャロルロゼ」が対象商品に仲間入りしました。また、既存のパンジー「虹色スミレ®」シリーズ絵袋種子に「虹色スミレ® エンゼルピンク」「同 ラブリームーン」が加わり、さらに充実のラインアップとなりました。
J.POSHは、「日本から乳がんで悲しむ人をなくしたい」という願いで2002 年に立ち上げられ、2003 年3月に乳がんの啓発活動団体として全国で初めてNPO法人の認証を受けた市民団体です。乳がんに関する知識、マンモグラフィー検診の普及促進、乳がん専門医療スタッフ育成や患者会活動の助成、患者とその家族のサポートなどを目標に、啓発活動を行っています。


J.POSHのHP


 
 
 

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.