サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. 企業情報>
  3. 事業紹介>
  4. 造園緑花

事業紹介|造園緑花

当社が横浜で苗木の輸出を業とする「坂田農園」を起こしたのは、まだ明治の香りが残る1913(大正2)年でした。二度の世界大戦や関東大震災など、さまざまな困難を経験し、当社にとっても決して平坦な道ではありませんでしたが、創業者が掲げた「品質・誠実・奉仕」という社是のもと「今までにないもの」を創り上げ、提供していくというチャレンジ精神を忘れず種苗一筋に邁進してきました。
このような中、造園緑花事業は「庭園部」として、1933(昭和8)年に設立されました。創業者の「横浜を花でいっぱいにしたい」という想いを受け、横浜山手地区に住む外国人邸宅の西洋庭園の設計・植栽施工から始まりました。以来、横浜市を中心とした公共工事や民間住宅の植栽工事にも着手し、現在では商住空間の造園設計・施工・管理、都市公園などの緑花空間の演出や指定管理業務、そして競技場の芝生の造成・管理など、ランドスケープ全般にわたり、植物のプロである種苗会社の強みを生かし、花・樹木・芝生・野菜を、高品質な種苗と企画・設計・施工・管理による「一気通貫の緑花空間創造ビジネス」として展開しております。 現在、自然環境は地球規模で大きく変化し、私たちを取り巻く環境にも変化が見られますが、身近に緑や花を置きたいというニーズは高まっております。我々は「花と緑の魅せ場をつくる」をテーマに、種苗会社としての技術を生かしさまざまな緑花事業に取り組んでまいります。
なお、サカタのタネでは、本来「緑化」とするところを、「緑も花も」という意味をこめて「緑花」としています。

・住宅・商業空間の造園設計・施工・管理

種苗会社の強みを生かし、緑花空間の主役である植物がつくる“経年優化”を常に考え、お客さまの心を引き付ける新たな住宅・商業施設の空間演出・創造を提供しております。

・屋上緑化・壁面緑化・インドア緑化のオリジナル商品開発・設計・設置・管理

軽量で保水性が高く、同時に極めて良好な排水性を備えた人工地盤植栽工法『アクアソイル工法』(開発元:㈱イケガミ)による、灌水不要の「屋上緑化」については、当社は20年以上にわたり特約販売および施工代理店として数多くの施工実績があります。また、『アクアソイル工法』を活用した坪庭サイズの緑化ユニットシステム『どこでもガーデン。』や、建築物壁面と緑化を一体化させた壁面緑化システム『アクアヴェール』もオリジナル商品として開発しご提供しております。また、商業施設内のインドア緑花でも種苗会社ならではの花・緑・野菜を織り交ぜた演出も実施しております。

・公園など都市緑花空間の企画設計・整備施工・管理および指定管理

民間および公共の都市公園の整備施工、管理について、花・野菜の種苗会社としての技術を生かして、花・樹木・野菜・芝生をトータルで提案しております。また、神奈川県立保土ヶ谷公園・相模原公園では指定管理者として植物の育成管理を中心に行っており、花に囲まれた空間を創り出しております。

・花景観空間のプロデュース・設計・施工・管理

国内の集客施設を中心に、当社の品種を中心とした花景観空間のプロデュースを行うとともに、植物のプロによる施工・管理を実施しております。緑花向け種子の販売から大規模な花壇の演出、イベントでの花装飾、水上を飾る『花いかだ』『水辺のコンテナ』など、種苗会社としての技術を生かした提案で、花に囲まれた暮らしを実現させております。

・競技場・ゴルフ場の芝生種子の販売・競技場の芝生の造成・管理

芝生種子の販売から、オールシーズンでの緑化が必要なスポーツターフの造成・維持管理、学校校庭緑化、駐車場緑化まで、芝生に関わる事業にも取り組んでおります。休眠中の芝生に花を咲かせる『フラワーオーバーシード(FOS)工法』(共同開発者:九州グラウンド㈱)は、付加価値の高い芝生空間を演出する方法として注目されております。

ページの先頭へ

企業情報

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.