サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2019>
  4. パンジー・ビオラの人気シリーズに新色追加

ニュースリリース|2019

2019年05月21日

パンジー・ビオラの人気シリーズに新色追加
暑い時期の栽培でも、高品質な苗の生産が可能


サカタのタネは、パンジー「パシオ」シリーズ、同「よく咲くスミレ」シリーズ、ビオラ「ピエナ」シリーズにそれぞれ新色を追加し、2019年6月上旬より生産者向けに種子の販売を開始します。




仲間入りしたのは、『パシオ パープル&イエローブロッチ※1』、『同 プリムローズ』、『よく咲くスミレ ロゼ 』、『同 ブルーフィズ』、ビオラ『ピエナ ホワイトジャンプアップ※2』の計5品種です(順に写真上段左、上段中央、下段左、下段中央、右端)。

従来のパンジー・ビオラ品種は、高温条件下の栽培では株が徒長※3する、花が小さくなりやすい、株ができにくく貧弱になってしまうといった課題がありました。秋花壇のメイン商材である両品目は、育苗期間がちょうど夏の高温期に当たる上、昨今の地球温暖化に伴う気温の上昇で、ますます生産が困難になってきています。その課題を克服した上記3シリーズは、安心して栽培でき、高品質な苗を生産できると発売当初から高い評価をいただいています。今後もこの特性に加え、カラーバリエーションを拡充し、生産者から消費者までさまざまな立場の方に喜んでいただけるシリーズを展開していきます。

希望小売価格※4は、『パシオ パープル&イエローブロッチ』『同 プリムローズ』が各1,000粒 3,800円、『よく咲くスミレ ロゼ 』『同 ブルーフィズ』が各500粒2,100円、『ピエナ ホワイトジャンプアップ』が1,000粒 3,200円です(いずれもプライマックス種子、税抜価格)。全国の種苗店を通じ2019年6月上旬から販売開始、順次発送します。



■昨今の環境変化に対応するサカタのパンジー・ビオラ

前述のように、秋花壇用のパンジー・ビオラの栽培はますます難しくなってきています。株が徒長したり、貧弱になったりすると、商品価値が下がり歩留まりが悪くなります。対策として、わい化剤や被覆資材の使用、徒長しづらい品種の選定などがありますが、コストや労力がかかり、品種によっては冬に花が止まってしまうなどの問題点がありました。

そのような中、「パシオ」、「よく咲くスミレ」、「ピエナ」シリーズは、共通した以下の特徴をもち、コスト・労力の削減、高品質な苗の生産に貢献しています。

1)高温環境下でも徒長しにくく、わい化剤を使わなくてもコンパクトな株に仕上がる。
2)低温短日期の開花習性に優れ、冬の間も花が休まず、秋から春まで長期間花を楽しめる。
3)シリーズの生育・開花ぞろいがよく、一斉出荷が可能。
4)開花持続力、または連続開花性があるので、店もちがいい。

 





左:従来品種       右:「パシオ」シリーズ
「パシオ」は高温期の栽培でも徒長せずコンパクトな美しい草姿に




■各シリーズの新色について

『パシオ パープル&イエローブロッチ』:花径約8㎝。黒の中心部にくっきりとした黄色と紫の花色です。同じ色合いの従来品種は、高温期は色が薄くなる傾向にありますが、本品種は発色が安定します。

『同 プリムローズ』:花径約8㎝。ヨーロッパのサクラソウを思わせる、爽やかな淡いクリーム色です(色幅あり)。

「パシオ」は上向きに咲く大輪種で、低温・短日下でも花が次々と開花するシリーズです。この2品種の追加により、ラインアップは全21品種となります。

『よく咲くスミレ ロゼ 』:花径約5㎝。同シリーズのほかの品種よりやや花が大きめです。上弁の色は薄く下弁は濃いローズ色で、花の大きさと色のコントラストが豪華な印象です(色幅あり)。

『同 ブルーフィズ』:花径約4㎝。上弁から下弁にかけてのブルーのグラデーションが爽やかな花色です(色幅あり)。

「よく咲くスミレ」は名前のとおり、たくさんの花を咲かせます。この2品種の追加により、ラインアップは全18品種となります。

『ピエナ ホワイトジャンプアップ』:花径約3㎝。パープルとホワイトのはっきりとしたバイカラーです。バイカラーは黄色・オレンジ・白と並ぶビオラの重要な色の一つです。

「ピエナ」は、イタリア語で「いっぱい」を意味し、「ピエナ」シリーズの花付きのよさを表しています。この品種の追加により、ラインアップは全16品種となります。

 


※1 ブロッチ:目のような花の中心部の斑紋。

※2 ジャンプアップ:上弁と下弁の色が異なるバイカラー。

※3  徒長:花梗や茎などが高温などにより通常よりも長く伸びること。

※4  価格は希望小売価格(税抜)です。価格の自主的な決定を拘束するものではありません。




 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.