タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ツケナ 「オータムポエム」

ツケナ 「オータムポエム」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ツケナ 「オータムポエム」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 秋、冬に“とう”を食べる野菜。アスパラガス風味!

品種名:オータム ポエム

特性

1.抽だい茎葉(とう)と花蕾を食べる「紅菜苔」に似た品種で、茎葉は鮮緑色。葉軸や葉にも甘みがあり、かき菜としても利用できる。
2.主茎を収穫後、わき芽が2番、3番と順次伸びてくるので、長期間にわたり1株から20本余りを収穫できる。
3.パイプハウスを利用すれば厳寒期でも収穫できる。

適応性

一般地の場合、播種期は、露地栽培で8月下旬~9月下旬、ハウス栽培では9月下旬~10月中旬および1月下旬~2月下旬になります。また、トンネル栽培では2月下旬から3月下旬まで播種できます。
土壌に対する適応性は広く、土壌条件は特に選びませんが、保水性、排水性のよい有機質に富んだ土壌が向いています。

肥料

10a当たり窒素、リン酸、カリそれぞれ15~20㎏を標準として施します。生育期間が長いので、堆厩肥を十分施し、土づくりをしっかり行います。後半肥料切れを起こすと収量に影響が出てくるので、生育状態を見ながら追肥します。

播種および間引き

65㎝または130㎝くらいの畝をつくり、1条か2条まきにします。大株にしたほうが軸の太いものがとれるので、株間を30㎝程度とり3~5粒を点まきします。本葉3~4枚で間引きを行い1本立ちにします。
移植栽培をする場合は、平床または育苗箱や小型のポットに播種をし、植え傷みを起こさないように、本葉3~4枚の若苗を定植します。

収穫・出荷

8月下旬まきで10月中下旬ごろから抽苔が始まり、この抽だい茎(とう)を収穫します。抽苔茎が20~25㎝ほど伸びた状態で、未開花あるいは1~2花開花したものを摘みとります。高温期の場合は、未開花で花蕾の少し若いもの(蕾のしまったもの)を収穫したほうが日持ちします。
特に出荷の規格はないですが、茎の太さで太物、中物、小物に分類し、長さ20~25㎝ほどに調整して、1束200gくらいに束ね、箱詰め出荷するとよいです。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ツケナ 「オータムポエム」
サカタ交配
品目 ツケナ(漬け菜)
原産地 中国
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ツケナ 「オータムポエム」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 絵袋詰 1dl
絵袋詰 20ml  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.