タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. オクラ 「ずーっとみどり」

オクラ 「ずーっとみどり」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「オクラ 「ずーっとみどり」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 生理障害が少なく濃緑で日もち性のよい早生品種

特性

1. 低節位から着果する早生品種。
2. 小葉で節間が詰まり、草丈がやや低いので作業性がよく密植に向く。
3. 果実は濃緑色で、やや胴が張る。
4. 日もち性がよく、店持ちする。

適応性

一般地や暖地のハウス、トンネル~露地栽培に適しています。露地栽培では遅霜の心配のない4月下旬頃から播種を始めます。トンネルやハウス栽培では4月上旬からの播種が目安になります。その際、霜には十分注意が必要です。

播種準備

オクラは作土が深く、排水のよい土壌を好みます。また堆肥の効果が大きいので施用します。元肥は前作や圃場により異なりますが、窒素成分が多すぎると過繁茂となり着果不良の原因となってしまうので元肥は控えめにし、追肥で調節します。

播種準備

直播定植どちらでも栽培可能ですが、直根性が非常に強いので直播栽培の方が適しています。発芽適温が25℃~30℃と比較的高いので、早めにマルチやトンネルの準備を行い地温を確保します。ハウスやトンネル栽培などの播種期が比較的早い作型の場合は特に注意が必要です。一穴あたり5粒播種し、十分に灌水または灌注を行います。より発芽をそろえるためには不織布のべた掛けも有効です。べた掛けを行った場合、徒長しやすくなるので発芽がそろったらできるだけ早く不織布を取り外します。
定植栽培の場合は、根傷みや活着不良の原因となるので、徒長定植遅れに注意します。
栽植密度株間15cm、条間45cm、一穴あたり3株を目安とします。

栽培管理

発芽後、本葉が2~3枚程度のステージで一穴あたり3本になるように間引きを行います。
収穫が始まったら、摘葉と追肥を始めます。収穫節~1段下までの葉を取りますが、草勢を見ながら取る枚数は調節します。追肥についても草勢を見ながら収穫開始後、10~14日に1度行います。乾燥には強いですが、極端に乾燥すると生理障害が発生しやすくなるので灌水も定期的に行います。

収穫

収穫サイズは8~10cmが適期となります。収穫遅れは、果実の繊維質が強くなりすぎてしまい食用に適さなくなるので、適期収穫を心がけます。
イボ果や曲がり果は草勢が強すぎる、弱すぎるときに発生しやすいので、摘葉や追肥草勢を調節します。

病害虫防除

ネコブセンチュウによる被害を防ぐために圃場準備の段階で殺センチュウ剤を使用し防除に努めます。
ヨトウムシやオオタバコガ、メイガ類による果実や株への食害による品質低下や減収があるので、防除は定期的に行います。花の中に入り込むことがあるので、開花している午前中に行うとより効果的です。アブラムシはウィルスを媒介する場合があるので、定期的に防除します。
発芽後には立ち枯れ病が発生しやすいので、播種時に薬剤の灌注を行います。また一部の立ち枯れ病に関しては不織布のべた掛けも有効です。その他の病害についても予防的な防除を行います。

栽培暦

 
※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

オクラ 「ずーっとみどり」
サカタ交配
品目 オクラ
原産地 東北アフリカ
科・属名 アオイ科アオイ属

オクラ 「ずーっとみどり」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰 1000粒 絵袋詰 10000粒
実咲絵袋  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.