タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ネギ「夏扇タフナー」

ネギ「夏扇タフナー」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ネギ「夏扇タフナー」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 夏越ししやすく耐寒性に優れる秋冬どり用一本ネギ

特性

1.夏越ししやすい、中早生の秋冬どり用一本ネギ。
2.根量がやや多く、根が強いために高温期の欠株が少ない。
3.生育中期までの太りは比較的ゆっくり進み、伸びすぎや太りすぎる心配が少ない。10月以降気温が低下してからの肥大性および伸長性がよい。「夏扇3号」と「夏扇4号」の中間程度の肥大性がある。
4.草勢は中程度で、やや多肥条件でも暴れにくい。立性、小葉で風に強く、管理しやすい。強風でも倒伏しにくく、曲がりの発生が少ない。
5.霜による葉折れが少なく、厳寒期も比較的枯れ込みにくい。
6.皮むきがしやすいため、出荷効率がよい。

適応性

秋冬どりの作型で使用でき、特に12~1月どりで能力を発揮します。稚苗育苗の場合、2月播種11月下旬~12月どり、3月播種12~2月どりが特に適します。温暖地では、4月播種12~2月どりも可能です。3月以降は抽だいの恐れがあるので、2月どりまでとしてください。
肥大性が不足するため、夏どり(8~10月どり)にはおすすめできません。夏どりには早生品種の「夏扇4号」、「夏扇パワー」をご使用ください。

播種

秋冬どりの作型の中で、比較的早い時期の播種がおすすめです。株間は2~2.5cmが基準です。排水性のよい圃場を選定し、額縁排水などの排水対策を行います。

定植~土寄せ

定植後、活着するまでは灌水を行います。肥培管理は慣行の秋冬どり栽培に準じますが、9月以降の追肥はタイミングが遅れないように行うことが大切です。特性上、9月初旬では肥大が十分でない場合もありますが、追肥はしっかり行い、土寄せ量は少なくして肥大を促すようにしてください。9月の追肥により10月以降は生育が進みやすく、12月まで肥大が続きます。10月以降は収穫目標に合わせた追肥土寄せを進めてください。追肥における施肥量は、慣行と同等か2割程度多くするとよいでしょう。

収穫

耐寒性と在圃性は比較的ありますが、品質を確保するために適期収穫を心がけてください。3月以降は抽だいの恐れがあるため、2月までに収穫を終えるようにします。暖冬の場合は特に抽だいが早くなりやすいので、収穫が遅れないように注意してください。

病害対策

土壌病害では白絹病と軟腐病に注意します。これらの病害は特に6月以降の高温期に発生が顕著となるので、定植後~9月までの防除を確実に行うことが大切です。葉の病害ではさび病、べと病に注意が必要です。秋以降に発生しやすいので、発病前から予防的防除を心がけます。

栽培歴

 

ネギ「夏扇タフナー」
サカタ交配
品目 ネギ(葱)
原産地 中国西部
科・属名 ネギ科ネギ属

ネギ「夏扇タフナー」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰 1dl ペレット 6000粒
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.