タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 台木トマト 「グランシールド」

台木トマト 「グランシールド」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「台木トマト 「グランシールド」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 青枯病に極めて強い耐病性とスタミナを兼ね備えた複合耐病性台木

特性

1.萎凋病(F:R-1,2,3)、根腐萎凋病(J-3)、半身萎凋病(V:R-1)、ToMV(Tm-2a型)に抵抗性、青枯病(B)、褐色根腐病(K)、かいよう病(Cmm)に耐病性、ネマトーダ(N)に耐虫性。
2.発芽ぞろいが非常によく、接木作業が容易。
3.草勢はやや強く、スタミナがある。

適応性

全作型で幅広く使用することができる。複合耐病性を持っているので、土壌病害の発生している地域、特に青枯病、褐色根腐病、かいよう病が発生している地域で能力を発揮する。

栽培のポイント

施肥量、定植、その他の栽培管理は自根栽培に準じて行う。
・青枯病や褐色根腐病の発生が激しい圃場では、太陽熱消毒+微生物資材(バイテクバイオエース®など)の投与によって病原菌の菌密度を減らして、台木との併用で総合的に防除する。

穂木品種の選定

穂木は必ずToMV抵抗性因子Tm-2またはTm-2aを保有する品種を使用すること(当社ToMV抵抗性品種は全て使用可能)。ToMV罹病性品種、またはTm-1因子のみの抵抗性品種に接木した場合、ToMVに感染すると植物体が枯死することがある。

接木方法

台木を穂木と同日まきか、1日早まきする。

台木トマト特性一覧表

 
 耐虫性:□ 抵抗性:◎ 耐病性:耐病レベル1(弱)⇔10(強) △中強
※耐病性は環境によって発病することがあります。
ここでは当社台木トマトの相対的な耐病レベルを1(弱)⇔10(強)として示しております
(2020年7月現在)。
尚、耐病性の「10」の数値は抵抗性を示すものではありません。
※表の数値は自社研究農場での試験結果であり、圃場により差が出ることがあります。

台木トマト 「グランシールド」
サカタ交配
品目 トマト用台木
原産地 中南米
科・属名 ナス科トマト属

台木トマト 「グランシールド」を買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

PRIMAX 1000粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.