タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ズッキーニ 「ダークヤングマン」

ズッキーニ 「ダークヤングマン」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ズッキーニ 「ダークヤングマン」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 多収で病気に強い! 極濃緑のTHEズッキーニ!

特性

・果実は円筒形で濃緑色。長さ20㎝前後で収穫する。
草勢は強く、着果性が高い。
・つるが伸びないので面積をとらず、整枝の手間もかからず家庭菜園に最適。
・ウイルス病(PRSV、WMV、ZYMV)とうどんこ病に耐病性でつくりやすい品種。
・加熱するとコクがあり、ほのかな甘みで食味に優れる。
・輪切りにして肉類との油炒め、天ぷらや煮物、スープなどに利用できる。

施肥

トンネル栽培元肥は10aあたり成分量で窒素12~15㎏、リン酸20~25㎏、カリ10~13㎏程度が標準となります。収穫が始まったら、肥切れを起こさないように約20日ごとに追肥を行います。

定植前後の管理

栽植密度は畦幅150~120㎝、株間70㎝で10aあたり950~1200本が標準です。スムーズな活着を図るには、最低地温15~16℃が必要となるため、圃場の準備は少なくとも定植1週間前までに終わらせて地温の確保に努めます。

整枝

つるなしのため特に整枝は必要としませんが、長期にわたって収穫する栽培では支柱を立てて誘引を行います。株元の古い葉や傷んだ葉を除去すると風通しがよくなり、上物率の向上や病気の抑制に効果があります。作物の特性上、風による茎折れが発生しやすいので、風よけ対策を行います。

着果

未受精では果形の乱れや腐敗果の発生が多くなるので、ミツバチでの交配か人工交配を行います。

収穫

開花後4~5日目で長さ20㎝前後の幼果を収穫します。乾燥して果実の伸長が滞る場合は、灌水チューブなどを使用して適宜灌水します。また、とり遅れやとり残しは秀品率や収量の低下を招くため、注意して収穫を行います。

病害虫防除

耐病性のある品種ですが、被害の拡大を防ぐため、適宜薬剤散布を行います。生育初期は寒冷紗による被覆を行うと病害虫防除に効果があります。

栽培暦

 
※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ズッキーニ 「ダークヤングマン」
サカタ交配
品目 ズッキーニ
原産地 北アメリカ
科・属名 ウリ科カボチャ属

ズッキーニ 「ダークヤングマン」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰 100粒 実咲絵袋
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.