タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ミズナ 「極早生水天」

ミズナ 「極早生水天」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ミズナ 「極早生水天」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 立性で収穫作業性に優れるミズナ

特性

1.生育は極早生早生品種。
2.草姿は立性で、葉は緑色でテリがあり、軸色は純白のため見栄えがよい。
3.チップバーン(石灰欠乏症)や葉先のカール症状などの生理障害に強い。
4.萎黄病に耐病性がある。

適応性

露地マルチ栽培からハウス栽培まで幅広い作型に適します。土質の適応性は幅広いですが、排水性・保水性のバランスがとれた土壌を選定します。直播定植栽培のどちらにも適しますが、収穫調整作業や出荷時期を考慮した栽培体系が求められます。

播種

ミズナ栽培において発芽や初期生育をそろえることは非常に重要です。高温期は土壌の水むらによって発芽ぞろいが悪くなることがあるため、播種前・播種後の均一な灌水を心がけましょう。低温期では発芽までに2週間以上かかってしまうことがあり、発芽遅れは収穫時期の遅れや抽だいの一因となるため、不織布などの保温・保湿資材を用いて安定的な発芽・初期生育を促しましょう。
直播での栽植密度は土質、環境、収穫サイズによりますが、条間15cm前後、株間6cm程度が目安となります。ただし、高温時期の過度な密植栽培は、株張りの不足、株元の節間伸長(トリ足)、蒸れによる病害などの発生の原因となるため、高温期にかかる作型では栽植密度を低くして栽培することが重要です。

栽培管理

冬期のハウス・トンネル栽培では、特に生育初期の本葉4~5枚のステージまでの保温が抽だいを防ぐために重要です。ただし、早生性に優れる品種のため、過度な保温は軟弱徒長の原因となり収量不足につながります。冬まき春収穫などの温度が上昇していく作型では、生育後半に蒸しこみすぎないよう、適度な換気を行って栽培しましょう。晩春~夏場などの高温時期は、遮光資材や高機能液肥を利用して、生理障害などが発生しないよう心がけましょう。
定植栽培を行う際は、128穴トレーなどで育苗を行い、過湿にならないよう注意が必要です。老化苗定植活着不良の原因となるため、適度なサイズでの定植と、活着促進のための定植後灌水を行いましょう。マルチを用いて栽培すると、圃場の乾燥防止や収穫物の品質向上につながります。

病害虫防除

ミズナ栽培で問題となる白さび病やべと病は、15℃前後の気温と適度な湿気で発生しやすくなります。低温期のミズナ栽培は在圃期間が長い上、トンネルやハウスの中で蒸れることも多いため、予防的な薬散や適切な換気を心がけることが重要です。また、窒素・水分の過剰は軟弱生育につながり、植物体内への病気侵入の元になりやすいため、適切な施肥設計などを心がけましょう。
萎黄病や立枯病などの土壌病害対策には、土壌消毒や微生物資材・完熟堆肥の適切な利用を行い、病気が発生しにくい圃場環境をつくることが重要です。
また、最近はアザミウマやコナガなどによる収穫物の品質低下も多くなっているため、病気と合わせて予防的防除を心がけましょう。

収穫

冬場の収穫では、収穫遅れによる葉の傷み・黄化や軸のパンク(凍害)に注意が必要です。気温上昇期の収穫では抽だいの恐れがある他、高温期の収穫では石灰欠乏症などの生理障害が発生しやすくなるため、適期収穫を心がけましょう。

栽培暦

 

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ミズナ 「極早生水天」
サカタ交配
品目 ミズナ(水菜)
原産地 日本
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ミズナ 「極早生水天」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰 2dl 絵袋詰 20ml
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.