タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. バイオ21

バイオ21

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け
この商品のポイント 強力活性微生物で完熟堆肥をつくろう
このページを印刷する

特長

未醗酵の堆肥を畑に施用すると、土の中で微生物活動によりアンモニアガスや醗酵熱が発生し、根や葉に障害を起こすことがあります。そのため堆肥は完熟なものを用いることをオススメします。完熟な堆肥をつくるための良い素材、それがこの「バイオ21」です。「バイオ21」は有機物をすみやかに醗酵・分解し、植物に有効な完熟堆肥を短期間でつくることができます。1袋(15kg)で約3tの堆肥がつくれます。

規格

<容量>15kg

商品画像

バイオ21菌とは

バチルス菌の一種で、非常に高い有機物分解能力をもちます。温度・エサ・酵素・水分などの条件が揃うと、急速に増殖・分解が進みます。分解速度が早いので、害虫(ハエ・ウジ虫)が沸きづらく、悪臭が少ないです。低濃度の石灰窒素や120℃の高温でも生き続ける高い耐久性をもちます。自然界の微生物なので、安心安全に使用可能です。

使用方法

<堆肥からボカシ肥料をつくる>
「バイオ21」(1.5kg)、堆肥(150kg)、米ぬか(30kg)、鉄力あぐり有機1号※(3.5kg)を量り、均等に混ぜます(300㎡分)。混合後温度が70℃近くまで上昇し、堆肥表面に白い菌糸が繁殖します。4~5日おきに計3回ほど切り返しを行い2週間ほどで完成します。(全工程で約1ヶ月)

※ 微量要素含有肥料として使用

「バイオ21を使ってボカシ堆肥をつくろう」

紹介動画



<腐葉土から堆肥をつくる>
集めた落ち葉に対して、1割の米ぬかを混合し、十分に散水します。落ち葉100kgに「バイオ21」1~2kgを目安に、よく混合し積み上げます。10日に1度ほど切り返しを行い、1ヶ月半ほどで完熟の培養土が出来上がります。

こちらもご覧ください

 

ご購入について

お近くの種苗店、園芸店などのお取り扱い店

  • オンラインショップで検索する

関連する商品を見る

「農園芸資材」の商品一覧を見る


ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.