タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. カボチャ 「食べきり バターナッツ」

カボチャ 「食べきり バターナッツ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「カボチャ 「食べきり バターナッツ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント バターナッツ

特徴

果重900g程度で下部のふくらんだ部分に種があります。果肉にはナッツのような風味があります。肉質は繊維質が少なく、ねっとりとしています。貯蔵性にも優れます。若どりした未熟果もおいしく食べられます。

栽培環境

日当たり、風通し、水はけ、水もちのよい肥沃な畑で栽培します。過湿には弱いので、水はけの悪い畑では高畝にします。完熟堆肥などを積極的に施して、根がよく張るように土づくりをします。植え付け2週間ほど前に1m2 当たり苦土石灰を100g、1週間ほど前に完熟堆肥3kgと化成肥料を150g施してよく耕します。うね幅3m、株間75cmで栽培します。

タネまき~植えつけ

発芽温度は25~30℃が適温です。発芽後は昼約23℃、夜間約15℃で管理します。
移植する場合は、9~10.5cmのポリ鉢に播種し育苗します。本葉が3~4枚くらいで移植します。
直まきする場合は播種の時点で、畝幅3m、株間75cmの間隔で1cmくらいの深さに種をまきます。
気温が低い場合は、トンネル、マルチなどで保温します。
移植する場合は移植の時、直まきの場合は本葉3~4枚の時に株を1本にします。

管理のポイント


つるは2~3本伸ばします。


それ以降はそのまま育てて、果実が野球ボール大くらいになったころに1株当たり30gくらいの化成肥料を根元にまき(追肥)果実を肥大させます。

収穫・保存・利用


開花後約40日、果実が黄褐色に変わりツヤが出てきたころが収穫適期になります。果肉は濃い黄色で、肉質はしっとりなめらかでシチュー等の洋風料理によく合います。若取り果は浅漬けやズッキーニと同様の料理方法でおいしく食べられます。完熟果は風通しのよい日陰の涼しい場所で保管します。

病害虫・生理障害

カボチャは病害虫に強く、つくりやすい野菜です。果実の肥大期から収穫期にかけて、葉に白い粉をふりかけたようなカビが生じる「うどんこ病」が発生することがあります。密植や窒素過多を避け、日当たりと風通しをよくします。高畝にするなど水はけをよくします。カボチャだけでなく、キュウリ、スイカ、ニガウリなどウリ科作物の連作は避けます。病葉は切りとり、持ち出し処分します。

栽培暦

カボチャ 「食べきり バターナッツ」
サカタ交配
品目 カボチャ(南瓜)
原産地 南アメリカ
科・属名 ウリ科カボチャ属

カボチャ 「食べきり バターナッツ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

カボチャ 「食べきり バターナッツ」の栽培Q&A

Q着果をよくするには?
Aカボチャは吸肥力が強いので、元肥は多く施す必要はありません。窒素肥料が多いと、つるばかり伸びて果実がつかない「つるボケ」になります。元肥を控え、着果を確認してから追肥します。春先の低温期や梅雨期は、ハチやアブが飛来しないので、受粉できないことがあります。朝8時までに人工交配をします。気温が上昇すると、花粉の発芽力が低下します。
Q食味をよくするには?
A西洋カボチャは北海道などの冷涼な気候を好みます。夜温が高いと、日中葉でつくられた養分が果実へうまく運搬されず、品質が劣化します。一般にカボチャは開花後40~50日、果梗(※つると実を結ぶところ)がコルク化したころに収穫します。若どりすると、まだ糖度が上がっていません。収穫したばかりのカボチャはでんぷんが多く、あまり甘くありません。追熟するにつれ、でんぷんが分解して糖分が増えます。収穫してから10 日以上おいてから食べます。
Q葉が真っ白になってしまいました。
Aうどんこ病と考えられます。うどんこ病は、葉にうどん粉をふりかけたような白いカビが生じます。ひどいと株が枯れます。密植を避け、日当たりと風通しをよくします。高畝にするなど水はけをよくします。病葉は切りとり、持ち出し処分します。病虫害は初期に防除します。被害が進んでからでは、薬剤の効果も少なくなります。登録農薬(殺菌剤)を使用する場合は、説明書をよく読み、使用基準を厳守します。
Q発芽をよくするにはどうしたらよいですか。
A発芽には適温(地温)と適湿(水分)と空気(酸素)が必要です。発芽適温は25~30℃(最低10℃、最高35℃)です。温度の低いときのタネまきは育苗器や保温マットなどで適温を確保します。直まきは地温が上がってきてからタネまきし、ホットキャップをかけます。乾燥した土では発芽しないので、十分水やりをします。発芽するまでは乾かないようにします。
Qカボチャの果実が腐ってしまいます。
A綿腐病が考えられます。果実の地面に接する部分から発病し、時には葉にも発生します。病班は不鮮明な水侵状から、後に白い綿状の菌糸が密生して果実が軟腐します。乾燥すると黒色のミイラ状になります。畑の水はけをよくして、株元にワラなどでマルチングをします。果実の下にもワラなど敷き防除します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.