タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 食べる健康ケール

食べる健康ケール

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「食べる健康ケールの特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント クセがなく茹でてサラダやおひたしに

特長

大きくなりすぎず、葉が多いケールです。葉をかきとって利用します。茹でサラダのほか、おひたし・野菜炒めなど、クセなく茎まで色々な料理に適します。プランターでも栽培できます。

栽培環境

植えつけの2週間ほど前に1㎡当たり苦土石灰100g、1週間ほど前に完熟堆肥2kgと有機配合肥料80gを施します。

タネまき~植えつけ

苗は市販の培養土を育苗箱などを使って作ります。タネまきは10cm間隔で溝をつくってスジまきし、土をかけて軽く押さえます。発芽してからは、葉がかからないように間引きします。本葉2枚でポットなどに1度目の植え替えをして、さらに本葉5~6枚でうね間60cm、株間30~40cmで畑に植えつけます。

管理のポイント

畑へ植えつけ後、生育を見ながら追肥中耕土寄せ・除草を行います。追肥はうねの肩に施して土寄せします。

病害虫・生理障害

夏の終わりから秋にかけて、コナガ・アブラムシ・アオムシがつくので早めに殺虫剤を散布するか、植えつけ時から防虫ネットをかけて防除します。

収穫・保存・利用

葉は一斉に収穫せず、必要な分だけかきとって利用します。葉は、大きくなるにつれフリルがとれ、平らになってきます。葉は、大きさや部位によってやや食味が異なるので食べ方に合わせて収穫しましょう。

栽培暦

食べる健康ケール
品目 ケール
原産地 イタリア沿岸
科・属名 アブラナ科アブラナ属

食べる健康ケールを買う

オンラインショップでは次の単位で販売しています。

健康ケール  
オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

食べる健康ケールの栽培Q&A

Q毎年、苗がヒョロヒョロと徒長してしまいます。
A「苗半作」というように、苗の出来・不出来が収穫を左右します。茎の太い、よい苗をつくるには、タネを育苗箱に薄まきにします。葉が重なり合わないように間引きし、本葉2枚のころ3~4号ポットに移植します。光合成の行なわれない夜間にポットの水分が多すぎると、苗が徒長してしまいます。水やりは朝にやり、夕方に土の表面が乾く程度にします。日当たりと風通しのよいところで育苗します。
Q株が大きくなる前にトウ立ちしてしまいました。
Aケールはキャベツの仲間で生理障害から、グリーンバーナリゼーション(緑植物春化)型といって、一定の大きさになった苗が一定の低温にあうと花芽分化します。その後の高温と長日でトウ立ちは早まります。秋まき春どり栽培は、株が寒さにあうのでトウ立ちの危険性が高まります。
Q根にコブができ、株がしおれてしまいました。
A根こぶ病であると考えられます。根こぶ病は、根にコブを生じ、生育が悪くなり、ひどいと株が枯れます。病原菌は酸性土壌で繁殖するので、苦土石灰などで酸度(pH)調整します。土壌水分が多いと発生しやすいので、高うねにするなど水はけをよくします。ケールだけでなくキャベツやハクサイ、ダイコンなどのアブラナ科作物の連作は避けます。病株は抜きとり、持ち出し処分します。

■同じ品目の他の商品

「青汁ケール」

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.