タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 畑で長持ち黄芯白菜「ちよぶき70」

畑で長持ち黄芯白菜「ちよぶき70」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「畑で長持ち黄芯白菜「ちよぶき70」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特徴

根こぶ病に幅広い耐病性を持ち、他の病害にも非常に強いハクサイです。球は、胴張りする砲弾型で重さ3kg前後。耐寒性があり、畑に置いたまま食べたいときに収穫することができます。

栽培環境

植え付けの2週間以上前までに、苦土石灰を全面に散布し深く耕します。その後、1週間前には堆肥と元肥を施して耕し、畝を立てます。

タネまき~植え付け

タネまき用セルトレーでは、2~3粒まきし、本葉2~3枚で1本立ちにします。本葉3~4枚になったら植え付けます。ポットでは、5~6粒まきし、本葉が2~3枚で1本立ちにします。本葉5~6枚になったら植え付けます。どちらの場合も、畝間60cm、株間25cmで植え付けます。

管理のポイント

 追肥の1回目は1本立ちに間引いたあと、1㎡当たり一握り(約50g)ほどの化成肥料を株の周りにばらまきます。そして、株がぐらつかないように株元に軽く土寄せします。この後、2週間置きに一握りを合計2~3回施し、除草もかねて軽く土寄せします。

収穫・保存・利用

タネまき後70日前後から収穫できます。頭を押さえて固くなっていれば収穫の適期です。1月中旬ごろまで、畑に置いたまま食べたいときに収穫することができます。

病害虫・生理障害

水不足は生理障害や不結球の原因となりますので水やりはしっかり行ないます。軟腐病にかかると防除は困難です。ハクサイだけでなくキャベツ、ダイコンなどのアブラナ科作物の連作は避けます。ヨトウムシやアオムシに食害されるとそこから病原菌が入るので駆除を徹底します。

栽培暦

 

畑で長持ち黄芯白菜「ちよぶき70」
サカタ交配
品目 ハクサイ(白菜)
原産地 中国
科・属名 アブラナ科アブラナ属
このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.