タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. どっさりアスパラガス 「ウェルカム」

どっさりアスパラガス 「ウェルカム」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「どっさりアスパラガス 「ウェルカム」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

鮮やかな緑色の太茎アスパラガスです。生育のそろいがよく、たくさん収穫できます。

栽培環境・土づくり

植えつけ1カ月前までに、1㎡あたり完熟堆肥3kg、苦土石灰150gほどを散布して深めに耕します。1週間前に幅30cm、深さ30cmの溝を掘って、1㎡あたり有機配合肥料150gを目安として入れ、土を少し埋め戻します。

タネまき・植えつけ

発芽適温は25~30℃で、発芽まで15~20日程度かかります。9cmポットに2~3粒まき、草丈5cmくらいのとき1本に間引きます。遅霜の心配がなくなってから、根鉢をくずさないように植えつけます。うね幅120cm、株間50cm、1条植えを目安とします。冬に茎葉が枯れあがったら地際から刈り取って畑から持ち出します。

管理のポイント

倒伏防止のため、支柱を立て、ネットやひもを張ります。草丈が高く倒伏しやすい場合は、150~180cm程度で摘芯します。葉が込み合うと蒸れて病気が出やすくなるので、脇芽を取って整枝します。一度に整枝するとショックで生育が止まる恐れがあるので注意が必要です。

病害虫・生理障害

病気は根腐病、茎枯病、斑点病、褐斑病などに、害虫はヨトウムシ、ナメクジなどに注意します。露地栽培の場合は葉が伸びてきたら定期的な防除が必要です。春の収穫時期に急な低温に当たるとアントシアンが発生して穂先を中心に紫色になったり、凍って芽が枯れることがあります。不織布などで保温してあげると低温の影響を軽減できます。

収穫・保存・利用

2年目から多少収穫できますが、本格的な収穫をするためには、苗を植えつけた年と2年目は収穫せずに株を十分に生育させておき、3年目から収穫を開始します。収穫初年である植えつけ3年目の収穫期間は2~3週間を目安とします。ゆでたり、炒めものにするなど簡単な調理でアスパラガスの風味を楽しむことができます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

どっさりアスパラガス 「ウェルカム」
一代交配
品目 アスパラガス
原産地 南欧からロシア南部
科・属名 ユリ科アスパラガス属

どっさりアスパラガス 「ウェルカム」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

どっさりアスパラガス 「ウェルカム」の栽培Q&A

Q生育をよくするには?
Aアスパラガスは根が1~2mと深く伸びるので、水はけがよい、耕土が深い畑で栽培します。水はけが悪いと、根腐れを起こしやすくなります。畑が乾燥すると、養生株も大きくならず、光合成と根への養分蓄積が悪くなり、収量も減ります。水やりを十分に行ないます。土質は砂質が適しますが、乾燥を避けるため、株元やうねに敷きわらをします。好適pHは6.0前後です。苦土石灰などを施して酸度調整します。
Q収量を多くするには?
A病虫害から株を守り、霜にあって黄化するまでに茎葉をできるだけ繁茂させ、根に養分を蓄積します。苗を定植した年はもちろん、その翌年も収穫を行なわず、専ら株の生育充実を図ります。定植3年目から収穫を開始します。この年も収穫は3週間くらいで打ち切ります。4年目は5~6週間、5年目からは毎年8週間ずつを目安に収穫します。10年以上収穫を続けることができます。大株になるので、倒伏防止をします。
Q気をつけなければならない病害虫は?
A病気は立枯病、茎枯病、斑点病など、害虫はヨトウムシ、ナメクジ、アザミウマなどに注意します。秋にアスパラガスの地上部が枯れたら、切りとり、翌春に病害虫が発生しないように、持ち出し処分します。水はけと風通しをよくします。害虫は見つけ次第捕殺します。登録農薬を使用する場合は、説明書をよく読み、使用基準を厳守します。

■同じ品目の他の商品

アスパラガス 「メリーワシントン」

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.