タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 畑で長持ち人参「おこのみ」

畑で長持ち人参「おこのみ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「畑で長持ち人参「おこのみ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特徴

生育旺盛で病気に強いため育てやすく、根の割れが少ないので、大きなニンジンを収穫することができます。長く畑に置いておけるので、好きなときにおいしいニンジンが食べられます。

栽培環境

タネまき予定の2週間以上前までに、苦土石灰を全面に散布して深く耕します。その後、1週間前に完熟堆肥元肥を施してから深さ20~25cmをよく耕します。堆肥はよく腐熟していても、塊はほぐして散布します。耕すとき、石などは取り除きます。畝を作る前にもう一度耕すとよいでしょう。

タネまき~植え付け

畝幅1mに条間20cmで、深さ1cmですじまきし、5mmほど薄く土をかけ、軽く押さえます。土が乾くと極端に発芽が悪くなるので、発芽までは乾燥させないよう十分に水を与えます。

管理のポイント

1回目は本葉1~2枚のころに混んだところをすくように間引きます。2回目は本葉3~4枚のころに、葉と葉が重ならない程度(2~4cm)に行います。3回目は本葉5~6枚のころに、10~12cm間隔に間引きます。2回目と3回目の間引き後、畝面に1㎡当たり一握り(約50g)ほどの化成肥料を追肥し、肥料と土をよく混ぜながら軽く中耕して、株元に土寄せします。

収穫・保存・利用

タネまき後、95~110日くらいで収穫期になります。長さ17~20cm、重さ250gくらいを目安にします。目安以上になっても、おいしく食べられるので、畑に置いたまま食べたい分だけ収穫することができます。

病害虫・生理障害

ニンジンの初期生育は緩慢で弱いため、立ち枯れ病や、ネキリムシ、ヨトウムシなどの害虫による食害に注意します。生育中期以降は、黒葉枯れ病、うどんこ病などの病気とアブラムシ、キアゲハの幼虫の初期防除を心掛けます。

栽培暦

 

畑で長持ち人参「おこのみ」
サカタ交配
品目 ニンジン(人参)
原産地 アフガニスタン
科・属名 セリ科ニンジン属
このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.