タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. つるなし超多収インゲン 「れんたろう」

つるなし超多収インゲン 「れんたろう」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「つるなし超多収インゲン 「れんたろう」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 丸さや・濃緑・どっさり収穫

特長

短期間にたくさん莢がつく、つるなしインゲンです。草姿はコンパクトで葉も小さめのため管理・収穫がしやすいです。極濃緑色、スジなしの丸莢で、曲がりが少なく、食べやすいサイズで収穫できます。

栽培環境

日当たりと風通しのよいところに栽培します。マメ科作物は連作を避けます。湿害に弱いので、水はけをよくします。植えつけの2週間前に1㎡当たり苦土石灰100g、1週間前に完熟堆肥2kgと有機配合肥料240gを施し、よく耕します。プランターでも栽培できます。

タネまき~植えつけ


低温に弱いので、地温を確保してから種まきや植えつけを行います。うね間50~60cm、株間20~25cmで1か所3~5粒ずつ点まきします。覆土は2cm程度とし、軽く手のひらで押さえます。覆土が浅いと種が皮かぶりになることがあります。低温期の播種は育苗栽培をおすすめします。育苗栽培では、3~4号(9~12cm)のポリ鉢に3~4粒まきます。発芽まで20~25℃保ちます。直まき,移植ともに本葉3枚までにはさみで1本に間引きます。移植する場合は間引き後移植します。

管理のポイント

花の咲く前に短い支柱を立てるか、株元に土寄せし倒伏を防ぎます。追肥は生育を見ながら開花後1~2回うねの肩に肥料をバラまいて施し、軽く中耕し土寄せします。1回目は開花初期に行い莢の肥大をはかり、なり疲れに注意します。乾燥を嫌うので、開花後定期的な水やりが必要です。乾燥を防ぐため、マルチや敷きワラで被覆します。

病害虫・生理障害

連作を避け、日当たり、風通し、水はけをよくし、炭そ病や根腐病などの病害を防ぎます。アブラムシは、葉の生育を阻害し、モザイク病を媒介するので、早期発見・早期防除に努めます。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチをすると防除効果が期待できます。ハダニは乾燥で発生が多くなるので、敷きワラマルチなどして畑を乾かさないようにします。

収穫・保存・利用

タネまき後60~65日前後で莢がふくらんで長さ12~14cm前後、莢幅6~7mm前後になったら収穫します。適期収穫を行います。遅れると莢が硬くなります。株ごと引き抜くか、熟した順に莢をもぎとって収穫します。20日ほどずらしてタネをまくと長期間収穫を楽しめます。莢が濃緑色でそろい、茹で上がりの色がきれいです。一度にいっぱい取れたら収穫直後に固茹でし冷凍して保存する事をおすすめします。

栽培暦

つるなし超多収インゲン 「れんたろう」
品目 インゲン(隠元)
原産地 中央アメリカ
科・属名 マメ科インゲン属

つるなし超多収インゲン 「れんたろう」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

つるなし超多収インゲン 「れんたろう」の栽培Q&A

Q上手に発芽させるには?
Aインゲンの発芽適温は20~25℃です。タネまきは地温が15℃以上になってからにします。地温が低いとタネが腐り、発芽しません。早まきする場合は、温室などで発芽適温を確保してポット育苗し、本葉2~3枚のころ畑に定植します。タネは水につけないでまきます。タネまき前にタネを長時間水につけると、酸素欠乏などでタネが死んでしまうことがあります。タネまき後の水のやりすぎも、酸素欠乏でタネが腐ることがあります。
Q生育不良の原因は?
Aインゲンの好適pHは6.0~6.5で酸性土壌を嫌います。タネまきの2週間以上前に苦土石灰などでpH調整します。インゲンの根は分岐根が少ないため断根に弱く、移植を嫌います。育苗の場合は本葉2~3枚の小苗で移植し、植え傷みしないようにします。過湿で根が傷むと、下葉が黄化して落ちます。高畝にするなど水はけをよくします。インゲンだけでなく、エンドウ、ソラマメなどマメ科作物の連作はさけます。
Q葉の縁が急に巻くように縮み始めました。
Aモザイク病(ウイルス病)と考えられます。モザイク病にかかると、葉が縮んで奇形や、葉が緑色濃淡のモザイク状になります。莢が凸凹になることもあります。モザイク病は薬剤では防除できません。病株は見つけしだい、ほかへ伝染しないように抜きとり、畑から持ち出し処分します。アブラムシが媒介するので、アブラムシを防除します。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチをすると効果が期待できます。
Q株はよく育っていますが、実つきがよくありません。
A30℃以上の高温が続くと落花が多くなり、収量が少なくなります。収量を多くするには、5月にタネまきし、暑くなる前に収穫を終えるようにします。また、窒素肥料が多いと、つるボケして着果がわるくなるので、元肥を少なくします。マメ科作物なので肥沃な畑は、追肥の必要がありません。つるあり品種ならば、摘芯して側枝を伸ばすと着果は早まります。
Q収穫したサヤインゲンがかたく、おいしくありません。
A土壌水分が不足すると莢がかたくなります。乾燥を防ぐために敷きワラや水やりをします。収穫は適期収穫を行います。また、収穫が遅れると莢がかたくなります。とり遅れると株への負担が増え、株が弱ります。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.