タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ガーベラ マジョレッテ シリーズ

ガーベラ マジョレッテ シリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ガーベラ マジョレッテ シリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特徴

10.5~15cm鉢に向く品種。花首が伸びにくく、草姿がしっかりとしており、品種間で開花がそろうシリーズです。

用途

鉢物

作型

夏まきによる冬出荷。または、加温室内栽培による冬から早春まきによる春から夏出荷が基準。

播種

夏~早春発芽適温20~25℃、発芽日数11日。市販の播種用土を使用、セルトレーまきが理想。覆土必要。

育苗

栽培適温31℃前後。市販の培養土を使用する。

定植

開花鉢では4~5号鉢に1株が標準。ポット苗では9~12cmポットに1株が標準。

培養土

排水性重視の用土が向いています。

肥料

草花一般施肥。株の状態で判断し、市販の液肥でコントロール。

栽培

耐寒性多年草、周年栽培可能で冬~春の鉢出荷用に夏~早春まきが基本。セルトレーを使用、25℃程度で発芽させる。5日間程度で発芽開始。覆土必要。発芽後は徒長や立ち枯れなどの病気を避けるため、過湿に注意。育苗期間は過湿を避け、日当たり良い環境で管理。潅水代わりに適宜薄い液肥を与える。生育環境には敏感で、低温では生育が遅くなる。栽培温度は21℃以上を保つ。冷水潅水には注意。温度、潅水、株間などでコントロールし葉の状態を管理する。

病害虫

ウドンコ病、立枯病、ウイルスなど。全栽培期間を通してハモグリバエ、アブラムシ、スリップス、ダニなどの害虫に注意。

出荷

第一花開花以降。

備考

育苗期間の低温、過湿は生育が極端に悪くなる。

栽培暦

 
※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

シリーズ商品の紹介

ガーベラ マジョレッテ ピンクハロー (ver.2)
品種名 ガーベラ マジョレッテ ピンクハロー (ver.2)
ポイント しっかりとした草姿で’早生で花上がりがよい品種です。
ガーベラ マジョレッテ レッドアイ
品種名 ガーベラ マジョレッテ レッドアイ
ポイント しっかりとした草姿で小葉。葉色が濃く、花色の発色がよい品種です。
ガーベラ マジョレッテ オレンジアイ
品種名 ガーベラ マジョレッテ オレンジアイ
ポイント しっかりとした草姿で花上がりがよい品種です。
ガーベラ マジョレッテ イエローアイ
品種名 ガーベラ マジョレッテ イエローアイ
ポイント 草姿がそろい、花上がりが非常によい。小葉で葉色が濃く、花色の発色がよい品種です。
ガーベラ マジョレッテ ホワイトアイ
品種名 ガーベラ マジョレッテ ホワイトアイ
ポイント 草姿がそろい、花上がりが非常によいです。
ガーベラ マジョレッテ ブリージングアイ
品種名 ガーベラ マジョレッテ ブリージングアイ
ポイント 株のそろいと花上がりが非常によいです。
ガーベラ マジョレッテ サンセットオレンジ
品種名 ガーベラ マジョレッテ サンセットオレンジ
ポイント しっかりとした草姿。小葉で葉色が濃い品種です。※30%ほど緑芯株が出現します。
品種名 ガーベラ マジョレッテ ミックス
ガーベラ マジョレッテ シリーズ
品目 ガーベラ
原産地 南アフリカ
科・属名 キク科ガーベラ属

ガーベラ マジョレッテ シリーズを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

コート種子500粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

ガーベラ フェスティバル シリーズ

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.