タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ダイコン「秋相撲」

ダイコン「秋相撲」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ダイコン「秋相撲」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 加工にも青果にも使える秋冬ダイコン

特性

1.草姿は中葉でやや立性。
2.萎黄病耐病性がある。
3.根形はきれいな円筒形で、そろいがよい。
4.首色が淡く、首内部が青肉になりにくい。
5.収穫作業時のひび割れが発生しにくい。
6.す入りが遅く、肉質は緻密でしっかりしており、青果はもちろん加工にも適する。

適応性

高冷地および冷涼地(北海道基準)の8月初旬~中旬まき、10月上旬~下旬どり、一般地(千葉基準)の9月上中旬~中下旬まき、11月上中旬~12月どり、暖地(鹿児島基準)の10月上旬まき、12~1月どりに適します。早まきすると根長が出すぎたり、地上部が旺盛になる場合があります。反対に遅まきになると短根や生育不良の原因となるので、作型図を参考に、栽培地ごとに適期をよく見極めるようにしてください。また、加工用などで青果サイズ(2L)より大きくする場合は、作型図よりも収穫期が遅くなる。

畑づくりと施肥

播種前に、土壌条件のよい時にできるだけ深く細かく耕すことが重要です。土壌水分が多い状態でのロータリー耕耘は、土を締めて根が変形しやすいので避けます。反対に、土壌が乾きすぎた状態では発芽不良を引き起こし、側根の発生を助長し、品質低下につながるので注意します。施肥については、緩効性肥料の使用をおすすめします。前作の残肥を考慮する必要がありますが、肥料は10aあたり成分量で窒素6~10kg、リン酸15kg、カリ10kgを目安とします。多窒素栽培による葉勝ちにならないように注意してください。加工用に出荷する場合は特に生育後半の肥料切れに注意し、必要に応じて追肥を行ってください。

播種

肥大が緩やかな品種であることから、密植栽培は避けます。地域や作型によって栽植密度は異なりますが、一般地基準の青果用で条間50~55cm、株間23~25cm、加工用で条間50~60cm、株間24~26cmを標準とします。遅まきする場合は、生育遅延対策として株間を広げるとよいでしょう。

管理

近年、台風の上陸や9月の長雨による農業被害が多くなっています。強風対策として、土寄せ寒冷紗などのべたがけ被覆が有効です。その際、胚軸部分までしっかりと土寄せし、べたがけは剥がされないよう四隅をしっかり固定します。また大雨対策には、暗渠や明渠はもちろん、圃場の外に水が流れる道があることや、水平な圃場では水の溜まるくぼみを作らないなど、物理的に水が抜けるようにしておくことが大切です。その他病害虫やワッカ症(白さび)や黒斑細菌病などの病害防除については、生育初期からの予防的防除を行うようにします。

収穫

本品種は比較的内部品質の安定している在圃性のある中生種ですが、肥切れや極度の過熟条件では品質低下を招くことがあります。青果用(L~2Lサイズ、約1.0~1.4kg)、加工業務用ともに適期収穫を心がけてください。

栽培暦

 

ダイコン「秋相撲」
サカタ交配
品目 ダイコン(大根)
原産地 地中海沿岸、華南高地、中央アジア
科・属名 アブラナ科ダイコン属

ダイコン「秋相撲」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰 800粒袋 絵袋詰 8000粒袋
ペレット5000粒袋 実咲絵袋
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.