タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ポップコーン 「まるポップ」

ポップコーン 「まるポップ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ポップコーン 「まるポップ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント ボリューム満点!丸くはじけるポップコーン

特性

・従来のポップコーンと異なり、丸く爆ぜるマッシュルームタイプ。
・調理後はその形状から均一に味付けしやすい。
・長めの大型穂で収量性が高い。橙黄色で、やや丸みを帯びた大型粒。
・背丈が高く、草勢旺盛な極晩生品種。主茎下部の一部や葯、絹糸に赤色を呈する。

栽培のポイント

一般的に、スイートコーンにポップコーンの花粉が受粉すると食味が低下する場合があるので、
スイートコーンと最低200m以上話して栽培するか、開花がずれるように播種時期を遅らせます。
収穫時期の目安は開花してから50日程度で、包皮が十分に枯れてきたころになります。

圃場準備

肥料はスイートコーン栽培と同様に、窒素、リン酸、カリそれぞれ10aあたり25kgを標準とします。
草勢は旺盛なので株間はやや広めの株間30〜40㎝×畝間90㎝を目安とします。
栽培株数が少ないと不稔を助長する可能性があるので、2列以上でできるだけ多く栽培するとよいです。

播種

発芽を安定させるために、最低15℃以上地温を確保してから、
人差し指の第一関節程度の深さ(2〜3㎝)を基本とし、1穴3粒まきとします。

管理

本葉が4〜5枚になるころに、生育の早すぎる株や遅い株についてハサミなどを使って地際部で切り、
1本立ちにします。草丈が膝丈くらいになったころの肥切れや根傷みなどのストレスは収穫物への悪影響が大きいため十分注意します。

収穫

畑で雌穂の皮が茶色になるまで完熟させます。絹糸抽出日から50日目以降が収穫の目安となります。
ポップコーンは1番穂だけでなく、2番穂や分けつについた穂も全て収穫可能です。
ただし、スイートコーンと同じく、2番穂以降は必ず着果するわけではありません。

病害虫・生理障害

病害対策として、水はけをよくするなど栽培環境を整え、適期に種まきを行い予防します。
アワノメイガ、アブラムシ、ネキリムシなどの害虫が発生することがあるので発生前から定期的な防除を行うことが大切です。
カラス・スズメ、ムクドリなどの鳥害はネットを張って防ぎます。

栽培歴

 

収穫期の目安

 未熟

草が枯れ始めてきても、包皮の色を含め、また緑部が多い状態では、収穫したポップコーンの粒が小さく、色は淡く未熟です。※未熟な状態で収穫すると、充実不良できれいに丸く爆ぜないので注意。

 

収穫適期

主茎は完全に枯れ、葉に若干の緑部が残る程度となるころが収穫の適期です。包皮は完全に枯れ上がり、粒が大きく、色はややくすんだオレンジ色に近づきます。

収穫後は

 収穫後は皮をむき、雨が当たらない軒下などの風通しのよいところにつるし、さらに十分乾燥させます。(2〜3週間が目安)

※「まるポップ」収穫物を直売所などへ出荷する際は、出荷前に必ず試しに調理し、丸く爆ぜることを確認しましょう。内部の充実や乾燥が不十分であると、丸く爆ぜないことがあります。

調理のポイント

「まるポップ」は、やや高めの温度で調理するときれいに丸くなりやすいです。
また、ポップコーンは爆ぜると20〜30倍の大きさになるので、熱が均一に回るよう
少量ずつ調理するのがポイントです。調理の際は油はねややけどに注意します。

ポップコーン 「まるポップ」
一代交配
品目 ポップコーン(トウモロコシ)
科・属名 イネ科トウモロコシ属

ポップコーン 「まるポップ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

200粒袋 実咲絵袋
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

ポップコーン「イエローポップ」

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.