タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ハボタン ローブ® シリーズ

ハボタン ローブ® シリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ハボタン ローブ® シリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特徴

草姿はコンパクトで、発色が早いのが特徴です。発色がよく、コントラストがはっきりしていることも特徴です。

用途

花壇苗

作型

夏まきによる冬出荷が基準。地域により播種時期は若干異なる。

播種

発芽適温20℃前後、発芽日数5日。市販の播種用土を使用し、セルトレーまたは箱まきが理想。覆土必要。

育苗

生育適温15~20℃。真夏は温度が低めで、日当りよい環境で育苗。高温、多湿では徒長しやすくなるため水やりは控えめが理想。

定植

ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準。

培養土

保水性、排水性があり、ある程度の保肥力がある用土を使います。

肥料

前作の肥料残効量を考慮し、EC0.5程度を目安とする。吸肥力が強い、基肥は控え目に施し前作の植物によっては無肥料。多肥栽培では葉が茂り、草姿が乱れやすいので注意。株の状態で判断し液肥でコントロール。

栽培

夏まきによる冬出荷が基準。標準は7月まき。セルトレーまたは箱まきにて育苗管理が基本。箱まきでは仮植え栽培。発芽適温20℃前後。高温時期の播種となるため出来るだけ温度を下げる。生育適温15~20℃。真夏育苗は温度を下げる工夫が望ましい。育病中潅水は表土が乾いたら行う。過湿では間延びの原因となる。定植間隔はベットでは12cm程度が基準ではあるが管理、出荷スタイルにより適宜に対応。栽培基準は無摘芯栽培。定植後は生長に従い下葉を除去。害虫としてコナガが発生する。ネットなどの防除に加え、適宜に薬剤散布が理想。

病害虫

黒腐れ病、立ち枯れ病、ボトリチスなど。害虫はコナガ、アブラムシ、スリップスなどで、ネット、薬剤散布による駆除が必要。

出荷

適度な発色後。

備考

コナガ発生が一大問題。防除ネットが必要。

シリーズ商品の紹介

ハボタン ローブ レッド
品種名 ハボタン ローブ レッド
ポイント 発色が早く、色の濃い品種です。外葉と内側の葉のコントラストがはっきりとした品種。
ハボタン ローブ ピンクバイカラー
品種名 ハボタン ローブ ピンクバイカラー
ポイント 中心部のピンク色の発色が早く、外葉の緑と内側の白色のコントラストがはっきりとした品種。
ハボタン ローブ® シリーズ
品目 ハボタン(葉牡丹)(葉ぼたん)
原産地 ヨーロッパの西・南部
科・属名 アブラナ科アブラナ属

ハボタン ローブ® シリーズを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

フィルムコート種子1000粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.