タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ベゴニア バイキング® シリーズ (苗)

ベゴニア バイキング® シリーズ (苗)

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ベゴニア バイキング® シリーズ (苗)の特徴や育て方のポイントをご紹介」

一年草

特長

耐暑性、耐乾性に優れ、強健でさまざまな環境に適応できます。花はゴルフボールほどの大輪で花粉ができずタネが付かないため、春から秋まで連続して開花します。

栽培環境

半日陰から日当たりのよい場所を好みます。真夏の強い日差しで葉焼けが起こる場合があるので真夏は半日陰で管理します。

植え付け

生育が旺盛なので、元肥として培養土に「マグァンプK」などの緩効性肥料を混ぜます。

管理のポイント

鉢植えは土の表面が白く乾いてきたらたっぷりと水やりを行います。花壇植えは、乾燥が激しい時に水やりをします。水のやり過ぎは、徒長根腐れの原因になります。
定植以降、肥料切れが起こらないように定期的に置肥と追肥 (液肥) を行います。 (液肥は1ヵ月に2回の追肥が目安)
株が乱れてきたら9月初旬までに株元から15~20cm程度の位置で葉を付けて切り戻せば、1~1.5ヵ月程度で再度開花してきます。

病害虫・生理障害

アブラムシ、ドウガネブイブイ、茎腐病、うどんこ病、灰色カビ病、菌核病、ウイルス病など。
薬散により予防します。風通しよく管理することも効果的です。

草丈・株張り

草丈50~60cm、株張り50~60cm

楽しみ方など

ベゴニア センパフローレンスに比べ、花が大きく、生育旺盛で1株でぐんぐん大きくなります。また新葉表面の光沢がきれいです。
チョコレート葉の品種では気温が高い時期に、葉の色合いが薄くなり緑がかります。晩秋 (11月頃) になると葉色が戻ります。

栽培暦

 

ベゴニア バイキング® シリーズ (苗)
品目 ベゴニア
原産地 ブラジル
科・属名 シュウカイドウ科ベゴニア属

ベゴニア バイキング® シリーズ (苗)を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

 
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.