タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ダイアンサス (春待ち苗)

ダイアンサス (春待ち苗)

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ダイアンサス (春待ち苗)の特徴や育て方のポイントをご紹介」

一、二年草

特長

可憐でシンプルな花は、切り花やアレンジメントに向きます。
「春待ち苗」シリーズはいずれも中高性の草花で、冬の間じっくり育てているので、購入後花壇、鉢やコンテナに植え付けると、早いものでは1.5~2カ月程度の短期間で花を咲かせます。
従来の規格よりも大きいサイズまで苗を育てているので、植え付け後短期間でボリュームある花を楽しめます。

栽培環境

日当たりと水はけのよいところを選びます。

植え付け

鉢植えの場合、用土は水はけのよい、市販の培養土を用います。
花壇植えの場合、株間約30~40cmで植え付け、65cmプランターでは、2~3株が目安となります。

管理のポイント

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと行います。追肥として化成肥料または規定の倍率に希釈した液肥を適宜施すと良いでしょう。

病害虫・生理障害

アブラムシやハダニ類、うどんこ病の発生時には殺虫剤や殺菌剤を散布します。また、ガの幼虫等による食害が見られたら、捕殺もしくは殺虫剤を散布します。

草丈・株張り

草丈約50cm、株張り20~30cm

楽しみ方など

開花した花を収穫し切り戻す事で切り花として楽しめる上、しばらくすると再び花芽が付き、もう一度開花を楽しむことができます。
花壇や寄せ植えで、立体感のある演出におすすめです。

栽培暦

 

ダイアンサス (春待ち苗)
品目 ダイアンサス(ナデシコ)(撫子)
原産地 ヨーロッパ、北アメリカ、アジア 他
科・属名 ナデシコ科ナデシコ属
このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.