タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. カリフラワー 「美星®」

カリフラワー 「美星®」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「カリフラワー 「美星®」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 草姿コンパクトで耐暑性にすぐれた密植栽培用早生品種

特性

1. 草姿が非常にコンパクトな密植栽培用品種です。
2. 定植後70日前後で収穫できる耐暑性にすぐれた早生品種です。
3. 包葉性強く純白のごくち密な花蕾で、重量感があります。
4. みずみずしくておいしく、生食用にも向きます。
5. 直径10㎝程度(350g)の花蕾で収穫すると最も特性を発揮します。

適応性

高冷地や北海道では6月下旬~10月いっぱいまで出荷が可能で、特に耐暑性が優れるため、8月出荷においても高品質花蕾の生産が可能です。一般地では、7月中旬~8月中旬、暖地では7月下旬~8月下旬まき、10月下旬~12月どりで能力を発揮します。年明けの収穫では包葉性があまくなり、霜害にあう恐れがあるので年内で切り上げるように計画します。また、生育初期での低温に敏感なためボトニングに注意する必要はありますが、一般地・暖地の早春まき5月中旬~6月中旬どりも可能です。

栽培のポイント

従来の品種とは異なり株を大きくつくることではなく、いかに葉枚数(展開葉で20枚程度)を確保しつつ、株をコンパクトにつくるかが重要になります。特に耐暑性が優れるものの、低温には敏感で若いステージ(本葉4枚程度)でも低温にあうと花芽分化を起こす恐れがあるので、必要葉枚数を確保するまではできるだけ低温などのストレスを与えないようにします。また草丈は50~60㎝程度に抑え、必要以上に株を大きくしないことが大切です。逆に、株をつくりすぎると、晩生化、花蕾の形状の乱れ、割れなど異常花蕾の発生を招く場合があります。

畑づくり・施肥設計

カリフラワーは、湿害に弱い作物です。排水のよい畑を選ぶとともに、サブソイラーによる硬盤の破壊や高畝栽培など排水対策を積極的に行います。また作型や、生産する圃場の肥沃度にもよりますが、通常のカリフラワー品種の栽培に比べ、肥料を2~3割程度少なくします。特に火山灰土のような土壌では、元肥のやりすぎによって株が大型化し、品種本来の特性が失われる場合があるので注意が必要です。高温時の栽培では元肥を抑え、生育の状況に応じて追肥で調節します。

播種

若いステージでの低温は、ボトニングの原因につながるので、春の極端な早まきや夏の極端な遅まきは避けます。

栽植密度と栽培管理

作型や出荷したい花蕾のサイズによっても変わってきますが、60㎝×25㎝(6,660本/10a)を標準とします。生育中期~後期にかけて雨が多い作型や、やや大きめのサイズで出荷したい場合は30㎝まで株間を広げることができます。それ以上広げると、品種の特性が失われる場合があるので、注意が必要です。通常より密植栽培になるので、いったん病害虫の発生がみられると広がりやすくなります。したがって育苗から初期生育までの徹底した病害虫防除が大切です。防虫対策として寒冷紗で被覆すると、株がコンパクトなため収穫時まで外すことなく管理でき、農薬散布の量および回数が少なくて済みます。

収穫

包葉性が非常に強く(特に株をつくりすぎると)収穫適期が分かりにくい場合があるので、慣れるまでは収穫適期を見逃さないよう注意が必要です。特に高温時の収穫では、花蕾の肥大が早いのでとり遅れに注意します。花蕾を保護するため、まわりの葉を多少つけて収穫しサイズをそろえて出荷するようにします。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

カリフラワー栽培型と適品種表

カリフラワー栽培型と適品種表.pdf

新しいウインドウで資料を開きますカリフラワー栽培型と適品種表.pdf
カリフラワー 「美星®」
サカタ交配
品目 カリフラワー
原産地 地中海沿岸
科・属名 アブラナ科アブラナ属

カリフラワー 「美星®」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 絵袋詰 2000粒
ペレット 5000粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.