人工授粉とは

(じんこうじゅふん)
人為的に授粉を行うことです。低温や降雨によりミツバチが飛んでないときなどに、雄花の雄しべの花粉を雌花の雌しべの柱頭に軽くなすりつけて、人工的に交配をします。育種を目的にする場合も行います。

サカタのタネ用語集