すき込むとは

(すきこむ)
肥料や堆肥、緑肥などを加えながら耕すことです。農具の鋤(すき)で耕したことから、転じたことばです。

サカタのタネ用語集