タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. トピックス>
  3. 2020>
  4. サカタ・シード・アメリカ パプリカ品種開発 強化へ

トピックス|2020

サカタ・シード・アメリカ パプリカ品種開発 強化へ

2020年06月26日

 サカタ・シード・アメリカ パプリカ品種開発 強化へ

 
サカタのタネの子会社「サカタ・シード・アメリカ」(カリフォルニア州モーガンヒル)は6月17日、イスラエルの種苗会社「ダンジガ―社」から、パプリカの育種プログラムを取得しました。サカタグループは、すでに世界のパプリカ市場で高いプレゼンスを誇っていますが、同社の育種プログラムおよび既存品種などが加わることにより、より優れた品種の開発が可能になります。
 
パプリカは世界中で消費されている野菜で、主な産地はスペインやオランダ、韓国、アメリカ、メキシコなどです。ダンジガー社は、北中米を中心とした施設栽培向けの育種素材や品種を保有しており、当社は今後、グローバルな研究開発ネットワークを最大限に活用して、北中米のみならず、世界市場に向けても新たな品種を投入していきます。
 
サカタグループは世界の生産者・消費者のために、今後もよりよい品種の開発を行っていきます。
 

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.