もっと野菜が育てなくなる次世代の苗 おうち野菜

中玉トマト(夏てまり)の栽培方法

成育適温

20~30℃

植え付け

4~5月

収穫    

6~10月

場所    

日なた

支柱    

必要

 

 

畑づくり

植え付けの2週間以上前に、1㎡当たり苦土石灰150g程度を全面に散布し、よく耕しておきます。
元肥は1週間前に深さ30㎝以上の施肥溝を堀り、1㎡当たり完熟堆肥3~4kg、化成肥料50g程度を施してよく混ぜておきます。

point

連作障害を避けるためトマトだけではなく、トマトと同じナス科作物(ナス、ピーマン、ジャガイモなど)は続けて栽培しないようにします。

植え付け

  • 深さ30cm以上
    2株

  • 直径30cm以上
    1株

  • 株間約50cm以上

point

水やりは植え付け時にたっぷりやりますが、活着後は控えめにします。低温期に植え付ける場合は、マルチを張って地温を上昇させておいてから定植し、ホットキャップやトンネルを使用して生育適温を確保してください。コンテナ栽培では、冷え込みが予想される日は、夜間だけでも屋内に取り込んで防寒してください。
第一花房(最低段)の花が咲いてきたら植え付け時期です。
トマトの花房は同一方向に伸びてくるので通路側に花房が向くように植え付けます。管理作業、収穫が楽に行えます。

栽培管理

  • 誘引

    茎が太る余裕を残してひもで8の字に結ぶ。

  • 芽かき

    各節から出てくるわき芽は早めに手でかき取り、主枝だけを1本伸ばします。

  • 追肥

    第4段開花ごろに第1回目を施し、その後は14日おきを目安に。

point

敷きワラを行うと土壌の乾燥防止と雑草防止効果があります。
生育適温で管理するため、温度計の設置をおすすめします。

収穫

  • 開花後35日程度~

point

味のよいトマトを作るには、果実の着色が始まったら乾燥気味に管理します。

購入
ページトップへ