タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ネギ 「春扇」

ネギ 「春扇」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ネギ 「春扇」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 良品多収、食味抜群。画期的な極晩抽系一本ネギ

特性

1. 6~7月まきの3~4月どり、10月まきの5~6月どりができます。合黒タイプの極晩抽系一本ネギで、分けつの発生はほどんどありません。
2. 立葉で葉折れが少なく、機械管理作業が容易です。
3. 葉鞘部の長さは35~40㎝です。太さは商品価値の高いL~2Lでそろい、秀品率が高く、極多収になります。
4. 軟白部は繊維質が少なく、肉厚で食味がよいです。
5. 苗のそろいや定植後の生育がよいため、露地育苗のほか、チェーンポットやセル育苗での栽培でとくに能力を発揮します。

栽培のポイント

・早まきは抽だいの原因となるので、収穫時期および栽培地域にあった播種適期を厳守してください。
・10月まき栽培では、定植時にトンネル被覆を行い、防寒および抽だいの防止に努めてください。
・苗づくりは良品多収の第一歩です。苗の肥料切れ、老化苗の定植や厳寒期の肥料不足は、抽だいや分けつを誘発する原因になりますのでとくに注意してください。
・6~7月まきは定植期が高温乾燥期なので、定植後は灌水し、スムーズな活着を促してください。
・ 高温期はヨトウムシ、ハモグリバエ、アザミウマなどの活動が活発で、致命的な被害を及ぼすことがあるので、病害虫防除に努めてください。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ネギ品種特性表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますネギ品種特性表.pdf
ネギ 「春扇」
サカタ交配
品目 ネギ(葱)
原産地 中国西部
科・属名 ネギ科ネギ属

ネギ 「春扇」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

缶詰 1dl 絵袋詰 20ml
ペレット 6000粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.