タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ダイコン 「紅化粧®」

ダイコン 「紅化粧®」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ダイコン 「紅化粧®」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 色鮮やかで色ムラが少ない赤ダイコン

特性

1. 上から下まで鮮やかな紅色で色ムラが少なく、肉色は純白色の赤ダイコンです。
2. タネまき後55~75日で根長20~25cm、根径5.5~6.5cmになり、よくそろいます。
3. ス入りは遅く、肉質がち密でみずみずしいダイコンで、甘みが強くサラダや酢漬けに向きます。
4. 紅色の成分は、抗酸化作用があり健康によいとされるポリフェノールの一種「アントシアン」です。消化酵素「ジアスターゼ」の酵素活性は、当社青首ダイコンの従来品種と比べて約3~7倍で、機能性にすぐれます。
5. 萎黄病耐病性を有します。

適応性

温暖地・暖地では9月上旬~下旬まきの11月上旬~1月上旬どりに適し、寒冷地では7月下旬~8月中旬まきの9月中旬~10月下旬どりに適します。

土づくり

おいしい野菜づくりは、土づくりからはじまります。土壌の酸性度と団粒構造がポイントになります。土壌pHは5.5~6.8(弱酸性)が適正で、石灰の施しすぎによるアルカリ化に注意します。
排水・保水性のある団粒構造の土壌づくりのために、堆肥投入は欠かせません。しかし、未熟堆肥投入は岐根の原因になり、また、センチュウなどの病害を招くことがあります。無臭完熟堆肥「バイテクバイオエース」を施用することをおすすめします。

施肥

有機質肥料化成肥料のバランスのとれた併用をおすすめします。肥料は10a当たり成分量で窒素10kg、リン酸15kg、カリ10kgを標準とします。

播種・間引き

条間25~30cm、株間25~30cm間隔で3粒ずつ点まきします。本葉4枚くらいまでに間引いて1本立ちにします。

病害虫防除

生育初期での病虫害の影響は致命的となるため、早期防除を徹底します。

収穫

収穫日数は秋の適期栽培で55~65日、寒さが厳しくなるころは65~75日を目安に収穫します。収穫遅れは品質低下を招くので注意します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培のマーク説明はこちら

ダイコン品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますダイコン品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
ダイコン 「紅化粧®」
サカタ交配
品目 ダイコン(大根)
原産地 地中海沿岸、華南高地、中央アジア
科・属名 アブラナ科ダイコン属

ダイコン 「紅化粧®」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 缶詰 2dl
絵袋詰 20ml  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.