タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. カボチャ 「コリンキー」

カボチャ 「コリンキー」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「カボチャ 「コリンキー」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 果皮は鮮やかなレモン色、和・洋・中華・漬物いずれにも使える

特性

1.果皮・果肉ともに鮮やかなレモン色で美しい。やわらかく皮ごと食べられる未熟果を利用する。(※)
2.食感は歯ざわりよく、クセがなく、サラダや浅漬けにしておいしい。そのままスライスしてドレッシングで、また軽く塩もみして鮮やかな黄色を引き立ててサラダに。浅漬け、キムチ、ぬか漬け、いずれもおいしい。
3.収穫は開花後10〜15日、大きさは300~1,000g程度で収穫する。
4.雌花率が高いので連続して収穫できる。とり遅れて果皮がオレンジ色になると硬くなり、生食に不向きであるが、グリルしたり、ジャムやプリンなどに使用するとおいしく食べられる。
※「コリンキー」の農薬取締法上の適用作物は「カボチャ」です。
  本品種の品種登録は「カボチャ」で登録されておりますので、農薬取締法上の適用作物は「カボチャ」となります。ただし、若どりにより栽培期間が短くなるため、希釈濃度や収穫前日数に十分注意して農薬が残留しないよう適切に使用する必要があります。

適応性

冷涼な気候を好みます。草勢が強いのでトンネル、露地栽培での放任栽培に向きます。
土質の適応性は広く、好適pHは5.6~6.8程度で、耐乾燥性、吸肥性がありつくりやすいです。

栽培のポイント

栽植密度は畝幅5m、株間1m(10aあたり200株)を標準とします。
原則として放任栽培としますが、定植後2週間くらいして親づるが伸び始めたら、つるが交差しないよう一定方向に誘引します。着果は親づるだけは10節以降に、あとは放任します。

収穫

開花後10〜15日で収穫します。果実の重さは300~1,000gでレモン色からオレンジ色に着色し始めた範囲で用途に応じた大きさ、色を決めて収穫します。果実を大きくして収穫すると生理落果してしまう果実が多くなり、収量も減ってしまい食味も劣るので、幼果収穫を心がけます。果実の果皮は特にやわらかいので傷つけないよう注意します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

カボチャ品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますカボチャ品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
カボチャ 「コリンキー」
サカタ交配
品目 カボチャ(南瓜)
原産地 北アメリカ
科・属名 ウリ科カボチャ属

カボチャ 「コリンキー」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 缶詰2dl
絵袋詰20ml  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.